注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

中国にてオンラインゲームの接続時間制限を導入

  • 2018年11月7日
  • 2018年11月7日
  • 全体
  • 32View
  • 0件
広告

概要 中国Tencent社が全ゲームに一日一時間制限を導入

中国Tencent社は5日(現地時間)に同社展開の全オンラインゲームに

「健康系統」と呼ばれる接続制限システムの導入を発表した。

2017年に、同社はMOBAゲーム「王者栄耀」に健康系統と呼ばれる、
システムを導入。

すべてのアカウントを強制的に公安委員会のデータベースと照合を行い、
実名認証を行った。

認証されないアカウントは、今のところログイン制限となっているが今後は、
アカウントの無効化・削除と言った形になるだろう。

これにより、12歳以下のユーザは毎日1時間しかプレイできず
(同時に、21時~翌日8時までプレイできない)、12歳以上の未成年
(18歳未満)に関しては、毎日2時間までにゲームプレイを制限した。

正式的な仕様とTencent社の意図

今回の発表では、自主開発された91ゲームタイトルに関しては、2018年中にも
同様に健康系統を取り入れるとしたほか、2019年中には同社が展開するすべてのモバイル/PCゲームに、この健康系統を取り入れるとした。

同社は現在社会が注目している未成年の保護を重視しており、
社会の一員として、その責任と義務を果たすと述べている。

なお、王者栄耀では、北京と深センのプレイヤーに対してすでに顔認証システムを取り入れてるほか、ランダムで選ばれた数千名の新規登録ユーザーに対し、
顔認証と公安データベースとの比較による二重認証システムが、
取り入れられている。

魔理沙の見解

この記事を読み日本でもいずれかはネットワークへの接続制限が掛かる
と見て取れる。
なぜならば日本の総務省には一部サイトへのアクセスを強制的に、
遮断させる技術を有しておりましては全通信インフラを統括している為である。

その場合一定の時間にネットワークそのものへの通信が、
遮断されると見てよいのではなかろうか?

広告
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告